metaioとUnity3Dの連携その2 自由なARアプリを作る

標準

前記事はチュートリアルを実行しただけだが、新規に作成する場合をみていく

新しいUnity Projectを作成する

2013/5/28 Unity Version 4.1.3

Unityを起動し、新しいプロジェクトを作成する。

Assets>Import Package>Custom Package から、metaio SDKに含まれている、SDK_Unityフォルダ内のmetaioSDK.unitypackageを選び、インポートする。

unity-metaio02

ユーザレイヤーを追加する

レイヤーのドロップダウンからレイヤー編集を選ぶ。
使えるUserLayerを選択し、たとえばmetaioLayerと名前をつける。

unity-metaio03

Androidの場合

1)ビルド設定を変更し、アプリ名、アプリIDを決定する

File>Build Settings>Player Settingsで、

  • プロダクト名を決める~これが、アプリケーション名になる 例えば、MetaioUnity02など
  • カンパニイ名を決める~metaio.comなどを使ってはいけない。自分に関係ある名前にする。

レゾリューション&プレゼンテーションタブで

  • 好みはあるだろうが、デフォルト方向を Landscape Left にする

Other Settingsタブで

  • 最小限 API Level を 8 (Android 2.2 Froyo)にする
  • デバイスフィルタを ARMv7 onlyにする
  • グラフィックレベルを OpenGL ES 2.0にする
  • !ここが大事 バンドルアイデンティファイア すなわち、このアプリのID名を決める~アプリ名.個人名.会社名 など

2)metaioの開発者ポータルにログインし、署名記号を求める

上述のプロダクト名とバンドルアイデンティファイアを決めたら、一度、metaioのライセンスポータルにログインする。

unity-metaio04
①にプロダクト名(アプリケーション名)、②にとバンドルアイデンティファイアを入力して、③の追加ボタンをクリックする。すると、下段にアプリケーション署名(④)が得られるので、それをコピーしておく。

3)UnityのmetaioSDKのパラメータに署名を記入する

もう一度Unityに戻り、ARSceneというシーンを開く。
ヒエラルキーのmetaioSDKをクリックし、そのインスペクター(プロパティ)のところに、上で得られたサイン(Signature)をペーストする。

また、その下の欄、Tracking Dataのところには、tracking.xml を記入する。
unity-metaio05

4)デバイス(Android)を接続して、Build&Run

GLUE_1_2_5_6-MISC_2-metaioMan_01

この画像を見ると、3Dのメタイオマンが浮かび上がるはず。

新しいマーカを導入する

画像でもなんでも、すべて、最後に.bytesという名前をつけてから導入する。たとえば、tracking.xmlなら、tracking.xml.bytesに、またimage.pngならimage.png.bytesに変更してから、Resources/metaioフォルダに直接いれる。

metaioSDKのオプションとして、このトラッキングデータを設定するが、このときには、.bytesを除いた名前を記入する。

オブジェクトの追加は、metaioTrackerの子要素として

metaio Trackerを追加した場合は、COS ID (correspond ~一致する)を順番につけておく。

【参考】実行例

unity-metaio-kintaro

コメントは受け付けていません。