metaio SDK v2.5でAndroid AR アプリ開発

標準

2013/6/3 metaio SDK2.5へのアップに伴い、

www.metaio.comのサイトがぐっとわかりやすくなりました。

それに従って、Android用ARアプリを開発していきます。

参考サイトは、こちら

http://dev.metaio.com/sdk/getting-started/android/setting-up-the-development-environment/

————————

1.新しくなったAndroid SDKを使って、開発環境eclipseを整える

http://developer.android.com/sdk/index.html

こちらのサイトからADT Bundle for Windowsをダウンロードする
この中には、統合開発環境のeclipseも含まれている

JDKも必要になるので、最新のものを、

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

からダウンロードしておく。

また、より簡単な方法で開発できる、Android Studioを使ってもよい。ただし、これはまだ安定版ではない(2013/6/3現在)。ここでは、上述ADT Bundle for Windows を使ってみる。

.zipファイルでダウンロードされるので、解凍して、Developmentなどと名前をつけたフォルダ下に保存しよう。

そうしたら、そのフォルダ内に含まれる、eclipseを起動するだけ。

ただし、64bit版のJRE(Java実行環境)と32bit版のJRE(同)をインストールしておかないとエラーが出るかもしれない(http://www.java.com/ja/download/manual.jsp#winなどから)。また、システム環境のPath変数に、JDK/binへのパスを追加しておくことも忘れずに(コンピュータプロパティ>システムの詳細設定>環境変数>システム環境変数からPathを選択して編集(一度どこかにコピーしておくことを勧める。;C:\Program Files (x86)\Java\jdk1.7.0_21\bin などを追加)。

2.eclipse起動後

何も設定をいじらずに起動した状態

eclipse01

File>Import>General>Existing Projects into WorkspaceGeneral>

ここで、保存していた、metaio SDK -4.5 フォルダから、_Androidフォルダを選択

5つのプロジェクトが表示されるが、この中から、metaioSDKとSDK_exampleのみ残してチェックをはずし、Finishボタンをクリック。

自動コンパイルにより、
Unable to resolve target ‘Google Inc.:Google APIs:17
というエラーが出るかもしれない。

これは、必要なAPIのパッケージがインストールされていないということなので、

Window>Android SDK Managerを開き、不足といわれたパッケージをインストールする

eclipse02eclipseを再起動して、エラーが出ていなければOK

3.実機アンドロイドデバイスをつないで、サンプルを走らせる

AndroidデバイスとPCをUSBで接続後、

SDK_Exampleプロジェクトを右クリックし、Run as>Android Application

examples-android-screenshotこういうのが自分の実機で走ります^^

コメントは受け付けていません。