月別アーカイブ: 4月 2014

metaio creator3を使って360°パノラマAR

標準

360°パノラマを作成する方法

1)トラッカブル画像を適当に選択

2)載せるコンテンツとして360°パノラマ選択

3)自動的に、それをストップするインターフェースが作成される

4)再びトラッカブル画像をクリックすると、その上に、球が浮いている

5)その球を右クリックして、プロパティを出す

6)球タイプか、立方体タイプか、パノラマ画像の読み込み、終了ボタンをつけておくかどうかなどが設定できる

http://www.youtube.com/watch?v=RFu_wMisWZ0

の25分あたりが参考になる。

 

<立方体用の画像を作成する方法>

チュートリアル元記事
http://dev.metaio.com/creator/tutorials/tutorial-13-creating-maps-for-360-experience/

metaio creator3になり、360°パノラマも作成できるようになりました。

まず、球か立方体を選択

・球 画像サイズは4096×2048, 4096×4096, 8192×2048 and 8192×4096

・立方体 同 3072×2048, 3072×4096, 6144×2048 and 6144×4096

1)必要なもの

・Blender 3D立方体や球の UV展開マップを作成するのに使うらしいです

・360°パノラマビュー画像

・オプションで、計算用のOctave(オープンソース)またはMatlabなどの数値計算システム

 

ユニティちゃんを使う

標準

http://www.4gamer.net/games/210/G021014/20140412002/

の記事を参考にユニティちゃんを自由に扱うまでの記録をとる。

1.まずはダウンロード

2014/4/20現在 Ver1.01  ユニティちゃんの趣旨や公開元 http://unity-chan.com/

2.ライセンス条項の確認 http://unity-chan.com/download/license_sum.html

要約版より: クリエイタができること

  • 弊社キャラクターの二次創作物をつくること
  • つくった二次創作物を公開すること、または頒布等すること
  • 頒布等を受ける第三者に本ライセンスを承継させる形で、新たに作成した弊社キャラクターのデジタルアセットデータを頒布等すること

ロゴ(頒布時) ~ロゴセットは、ユニティちゃんのダウンロード時に一緒にダウンロードできる

3.Unityの起動

※うまく起動できない場合は、起動プログラムを右クリックし、「管理者として実行」を選択する

最初はログインと簡単なアンケートを求められるかもしれないが、それぞれ答えて実行画面にいく。

30日プロトライアルは、必要な場合に使いたいので、今回は、Freeバージョンをチェックして実行する

Unity画面のレイアウトは、好みの問題で変更できるが、①のレイアウトで「2 by 3」を選び、コラム表示②で「1コラム表示」を選択。

unity-chan01

 

4.ユニティちゃんのパッケージをすべてインポートする

1)ファイルメニューから新規プロジェクトを作成し、(保存場所は好きなところで)

2) アセットメニューからインポートパッケージを選択し、今回ダウンロードしたユニティちゃんのパッケージをすべてインポートする

3)unitychanフォルダのほうの、sceneフォルダ内に3つのシーンが登録されている。その中のActionCheckを選択して実行してみる

unity-chan02

 

4)動かしたときの、ちらちらとした影などが気になるため、表示設定を整える

Editメニューからプロジェクト設定→クオリティを選択

既存の設定ではなく、さらに高度な設定にし、名前をつけておく(ここではBrilliantにしてある)

unity-chan03

以上、ひとまずユニティちゃんを導入し、既存のシーンを動かすまでは終了した。