metaio creator3を使って360°パノラマAR

標準

360°パノラマを作成する方法

1)トラッカブル画像を適当に選択

2)載せるコンテンツとして360°パノラマ選択

3)自動的に、それをストップするインターフェースが作成される

4)再びトラッカブル画像をクリックすると、その上に、球が浮いている

5)その球を右クリックして、プロパティを出す

6)球タイプか、立方体タイプか、パノラマ画像の読み込み、終了ボタンをつけておくかどうかなどが設定できる

http://www.youtube.com/watch?v=RFu_wMisWZ0

の25分あたりが参考になる。

 

<立方体用の画像を作成する方法>

チュートリアル元記事
http://dev.metaio.com/creator/tutorials/tutorial-13-creating-maps-for-360-experience/

metaio creator3になり、360°パノラマも作成できるようになりました。

まず、球か立方体を選択

・球 画像サイズは4096×2048, 4096×4096, 8192×2048 and 8192×4096

・立方体 同 3072×2048, 3072×4096, 6144×2048 and 6144×4096

1)必要なもの

・Blender 3D立方体や球の UV展開マップを作成するのに使うらしいです

・360°パノラマビュー画像

・オプションで、計算用のOctave(オープンソース)またはMatlabなどの数値計算システム

 

コメントは受け付けていません。