AfterEffects ビジュアルエフェクツ

標準

参考書 「After Effects Standard Techniques 2」(BNN社)

コンボサイズ 4:3なら720x540pxぐらい

1.平面レイヤーに「描画」→「電波」

多角形:辺の数を5 星にチェック

ウェーブモーション:速度100 スピン40

線:プロファイル のこぎり波アウト 開始幅30 終了幅5 カラー白

タイムライン:スタート時 ウェーブモーション 方向キーフレーム 0x90° →6秒後ぐらいに方向 1x90°

2.波打ち画像

平面→WaveWorld (表示:高さマップ)

レイヤーのプリコンポーズ(すべての属性を新規コンポジションに移動オプションで)

画像素材にコースティック追加

その際、水素材として、先にプリコンポーズしていたコンポジションを指定

 

<基本>

レンダリング 設定→DV設定を選ぶとプリ設定が用意されている

出力モジュールの所もプリセットがある。

レイヤーの変形基準はアンカーポイント。プロジェクトの上の方のアンカーポイントツールで場所変更可能。

表示するレイヤーの画質の切り替え  /最高レベル  バックスラッシュ〜ドラフト

トランスフォームはショートカットキーで。

A アンカーポイント 、P 位置、S スケール、R 回転、T 不透明度

位置のアニメーション。キーでクリックすると、イージーイーズインなどが選択可能。

グラフエディタボタンを覚えておくと便利。

ウィンドウ→モーションスケッチパネルが出せる。キャプチャ開始でモーション記録。右クリックで時間ロービングで滑らかに。最後のキーフレームを動かすことで長さ調整も可能。

トランスフォーム→自動方向で自然な回転。パスに沿って回転など。

ウィンドウ→スムーザーで、許容量を大きくすると、中間キーが削除される。

<キーイング>

キーライト

1)view→screen matteに変更

2)view→Status グレーが出てくる→不完全

3)screen gainを調整

4)screen balanceの値を下げる

5)screen pre-blurで少しぼかす

6)screen matteでclip black 0 、clip white 50などに調整

7)view→final resultに。

コメントは受け付けていません。