Blenderでビル群を作る 02

標準

Blenderでビル群を作る 01 に続き、ビルをパーティクルを使って並べる部分を勉強する

参考は引き続き、こちら(AndrewPriceさん作) 動画27:33あたりから

1)ビルは同じ大きさで8種類ぐらい作成したら、それらを全部選んで、Ctrl-Gでグループ化しておく(例えば、buildingsなどという名称に)

2)街のベースとして、平面を作成し、(ちょうどグレーの格子が隠れるぐらいに)大きく拡大する。編集モードにし、w-subdivideを5回繰り返し、格子状に分割する。点の数は1089点になったはず。

3)パーティクルを設定する。hairにし、advancedをチェック。Emissionのところは、Verts(点)からだけにし、randomのチェックをはずすと、点からだけhairが伸びる設定にできる。renderのところは、Groupを選び、1)で設定したbuildingsを選択する。ビルが横に寝てしまうので、Rotation(回転)をチェックし、object-Yを選択する。

4)1090の数にすると、格子部分をビルが埋め尽くす。800などに減らすと、ビルが適当にまびかれる。

5)道路部分を街の地図などを参考に、平面から切り取るように点を削除して作成していく。

6)カメラレンズはワイドアングルが得られるように、28などに設定する

7)レンダリングが遅く感じたら、ユーザー設定のsystemタブのところ、Compute DeviceがCUDAになっているかどうか確認するといい。つまりグラフィックボードをもっているPCなどはこちらに設定する。さらに、レンダリング設定のところにもDevice設定があるので、そちらをGPU Computeに設定する

8) 太陽光でもいいが、サイズはCyclesレンダリングの場合、影のソフトぐあいが変わってくる。1.0のままだとぼけた影になるので、0.001などにし、シャープな影を求めるとよい。

9)道路は格子状に伸ばしていき、道路テクスチャを適用する

10)道路際のランプや車などを置くと街のイメージがだいぶよくなってくる

11)ビルのグループの中で、出現回数を変えたい場合は、パーティクル設定のrenderのところで、Groupのオプションとして、Use Countというチェックをすると、グループ内のオブジェクトの出現回数を変えることができる

 

 

コメントは受け付けていません。