SecondLifeOculusViewerのはまりどころ

標準

開発者バージョンOculus Rift DK2を持っています。

うちのグラボNX7600GTでしたので、推奨グラボGeforce GTX970 と載せ変えました。

さあ、SecondLife OculusRiftViewer でKowloon SIMにいってみようと思って、立ち上げたところ、

「あなたのグラボは推奨スペックに達していないので無理」なるメッセージをくらいました。

だいぶ長いこと解決策を探し回ったところ、上記ビューアーが、GTX780までしか想定していないらしく、そこを書き換えろ(追加する)という記事をようやく発見。

https://jira.secondlife.com/browse/RIFT-178

C:\Program Files (x86)\SecondLifeProjectOculusRift

のフォルダの中に、gpu_table.txtというファイルがあるので、それに

NVIDIA GTX 97x		.*NVIDIA .*GTX *97.*		5	1	0	4.4

の一行を足しなさい、というものです(実際には、間にタブ記号などが入っているので、この記事からコピペせずに、https://jira.secondlife.com/browse/RIFT-178から該当の部分(横に長いので全部一行コピーするように注意)をコピペしてください。

GTX980やGTX970M の場合についてなども、その記事か関連記事で見つけることができます。

私は、NVIDEA GTX 97X となっている部分を NVIDEA GTX 970 と書き換えて、ファイルのかなり上のほうに追加しました。

gpu_table.txt ファイルは、システム管理者しか書き換えできない設定になっているかと思いますので、一度どこかにコピーして書き換え、それを再格納するのがいいと思います。

これで、SecondLife OculusRiftViewer を立ち上げ、スペックが低いよエラーメッセージを消すことが出来ました。

Viewer はこちらから

http://wiki.secondlife.com/wiki/Release_Notes/Second_Life_Project_OculusRift/3.7.18.295296

ただ、私のPCにはUSB3.0がついていなかったため、HMDモードに切り替わらず、残念。明日届くUSB3.0ボードを設置したら動くことを祈るばかりです

コメントは受け付けていません。