キャラクターにボーン(rigify)をいれる

標準

1.キャラクター(メッシュと呼ぶ)は、rigを入れてからの修正は難しいので、よく点検する

→その上で、モディファイアなどを適用し、ctrl-Jでなるべく一オブジェクト化しておく。

→オブジェクトを、わかりやすい名前に変えておく(後から、別のファイルにリンクやアペンドするため)

→編集モードにし、w→remove doubles をして、ダブっている点などを削除しておく

→オブジェクトモードにし、原点に中心点がきているかどうか、確認する

→ファイル自体を別名で保存しておく

character01

2.オブジェクトモードで、3Dカーソルを原点に移動(Shift-C)したら、shift-Aでアーマチュア(meta-rig(human))を入れる

→meta-rigが出ない場合は、ユーザー設定のアドオンで、rig項目からrigifyを有効にする

rig01

3.メタリグをメッシュの大きさにだいたいあわせる。

→メタリグの大きさを変えた場合は、objectメニュー(画面下部)→apply→Location,Rotation,Scaleしておく

rig02 rig03

 

 

4.メタリグを編集し、メッシュにあわせる。

→メタリグを選択したら、右側メニューボタン、アーマチュアのところから、X-Ray(X線表示)を選んで、ボーンがメッシュで隠れないようにする。

→左側、アーマチュア編集オプションタブのところに、X-Mirror(か、シンメトリー)があるので、左右対象作業をしたいため、オンにする

→メタリグ編集モードのまま、ボーンをメッシュにあわせていく

rig04

5.ひととおり作業が終わったら、メタリグをポーズモードにし、右パネルボタン、アーマチュアの一番下にある、「generate(ジェネレート=生成)ボタンをクリックする

rig05

6.メタリグは、Mでレイヤー移動などをしておく(じゃまなので)

rig06

7.オブジェクトモードで、メッシュ選択→Shiftキーを押したままリグ選択 Ctrl-Pで、自動重み付けで両者を連結する

rig07

8.ポーズモードで動かし、メッシュがうまく動くか確認

rig08

9.ウェイトペイントで、8で気がついた変な部分を修正する

→図で示した、ウェイトペイント用の緑のボーンを表示する。X-Ray表示もチェックする。

rig09

10.緑のボーンの一つ(例えば、図の事例だとヘッド部分)をクリックし、そのままキャラクター本体メッシュをクリックする。

モードをウェイとペイントモードに変えて、ブラシで、ウェイト1.0ではずれているパーツを塗る(赤に変わる)

rig10

11.一度動かしたポーズは、Aですべてのボーンを選択し、Alt-R(回転解除)、Alt-S(拡大縮小解除)、Alt-G(移動解除)で元に戻る

12.自動的に出来てしまう、WGT-で始まるオブジェクトは、不要なので、Bで囲むように選択し、右クリックでdelete(削除)してよい。

rig11

13.FreeStyleなどを設定して完成

あとは、Nパネル内のIK<->FKボタンなどを使ってポーズをつけていく。

IKにした場合、オートストレッチを0にしないと手足が伸びてしまうので注意

rig12

コメントは受け付けていません。