Blenderカーブを使ってソフトクリーム

標準

参考にさせてもらったのは、こちら

1.コーンカップ作成

コーンカップは回転体か、サークルを延長して作成する。

回転体で作成した場合は、オブジェクトモードに戻してから、モディファイアをApply(適用)して、メッシュにしておく。

2.クリーム作成準備

コーンカップの上の縁を編集モードで選択し、Shift-Sで3Dカーソルを選択している部分に移動する(Cursor to Selected)。

3.スパイラルカーブ追加

オブジェクトモードに戻り、Shift-AでカーブからSpiralを選ぶ。これが出てこない場合は、アドオンの設定がされていないので、ファイルメニュー→ユーザー設定→アドオンタブを開き、検索窓にextraと入力して、add extra curveをチェックして有効にする。

4.スパイラル調整

スパイラルの作成オプションから、巻き数(5か6あたりで)、高さ(下絵にあわせて)を選ぶ。

cream01

5.クリームの型作成

クリームの形にあわせ、星型あるいは6角形を作成する

cream02

1)作り方 10角あるいは、12角のサークルを追加。
2)編集モードにしたら、selectメニューのchecker deselectを選択。初期設定で、一つ置きに点が選択されるので、そのままそれを縮小。
3)そこまでの作業のままでもいいが、とんがりを和らげるために、ベベルをかける。点全部を選択してから、Ctrl-B(ベベル)→Vを押し(Vertexオンリー)、数値0.05をいれる。

6.メッシュからカーブにコンバート

星型のメッシュをAlt-Cを使って、カーブにコンバートする。

7.カーブに沿って星型にベベル

クリームの形のスパイラルカーブを選択し、カーブプロパティ設定から、ベベルオブジェクトとして、星型カーブを選ぶ。

8.カーブの裏表方向変換

クリームの色が暗い場合は、星型カーブの方向が裏返しなので、星型カーブを編集モードにし、カーブメニュー→セグメント→スイッチディレクションを選んで、方向を直す。

9.ベベル半径調整

クリームのトップが開いているので、クリームのカーブを編集モードにし、一番上の点だけ選択し、Nで開くプロパティ設定から、radius 1.0となっているところを0.0に直す。

10.カーブのスムース半径調整

クリームの先頭部分を選択しなおし、Wのスペシャルメニューから、スムースカーブラディウスを選んで、なめらかに形が細くなるようにする。

11.クリーム先端のひねり

一番上の点を選び、プロポーショナル編集モード(Oオーで切り替えられる)でひねってクリームの突端部分を形成する

12.クリームのチルト調整

クリームの重ね角度が足りない感じだったので、一番下の点を選び、Tilt(チルト)を720°にする。クリームの先端部分以外を選択しなおし、Wのスペシャルメニューから、スムースカーブチルトを選んで、調整する。

13.クリーム複製

クリームは、複製し、ひとつを別レイヤーに保存しておく(M)。

14.クリームをメッシュにコンバート

使うほうのクリームを選び、Alt-Cでカーブからメッシュにコンバートする。

15.最終調整

3Dカーソルをクリームの中心部に置いて、回転中心を3Dカーソルに直し、カップからはみ出した部分などをS(縮小)して修正する。

icecream-render

コメントは受け付けていません。