Blender to Unity 01 Terrain

標準

Blender LandscapeをUnity Terrainに適用するまで

A.Blender作業

1)LandScapeを利用して地形をつくる(パラメータをいろいろいじってみる)

左下に出てくるオプションで、Subdivisionは256に設定しておくと十分細かい地形を作ることが出来る。

landscape01

2)ギザギザが気になるようなら、スカルプトモードでShiftを押しながら、少しなめらかにする。

3)マテリアルを追加。色は白。Shadelessをチェック。

landscape02

4)テクスチャをBlendタイプで追加。

landscape03

5)カメラ設定。真上から。

landscape04

6)レンダリング画像設定。16bitのグレースケールになるように。また、2の2乗に1ピクセル足した大きさになるように。レンダリングしたものを保存。png形式でよい。

landscape05

7)レンダリング結果画像(png)

2049

B. Krita作業

Blenderで出力したpngファイルをそのまま、Unityで読ませようとしてうまくいかなかったので、Kritaでデータ変換する。r16形式データにするだけ。

landscape06

C.Unity作業

1)Unityで新規Terrain追加。

マテリアルがテラテラ反射していたので、適当なマテリアルに変更。

landscape07

Import Rawというボタンをクリックし、先ほど保存しておいた、Kritaで作成した、.r16ファイルをインポートする。その際、作成した大きさとMacで作成したか、Winで作成したかを確認。高さが極端に高くなるのを抑えるため、読み込み時のheightの値を少し下げるとよい(例えば、600になっていたら、それを200にするなど)

2)あとは普通のTerrainとして、樹木追加も可能、ブラシによる変更も可能。Terrainコライダーも無事についている。

landscape08

画像の縁の部分がなぜか、1ピクセル分、立ち上がっているので修正する必要があるかも。

 

広告

コメントは受け付けていません。