Motion トレスのための手振れ補正(スタビライザ)Blenderで

標準

参考ビデオチュートリアル

 

1.モーションクリップエディタにする

2.Tツールシェルフ Trackタブ Clip→Prefetchを押す

Tracking Settings のMotion を LocRotに変更。MatchはPrevious frame にする。

Normalizeにもチェック。

3.Nプロパティ  2D Stabilization にチェック。

Marker Display のSearchをオン

4.クリップの一番最後(あるいは一番前)にタイムラインを設定し、MarkerをAdd(追加)する。

5.Tツールシェルフ一番下、Trackの前に(あるいは後ろに)ボタンをクリック。
Nプロパティ 2D Stabilizationに、画面のマーカーを選んで追加する(trackが追加される)

AutoScaleにもチェック。Stabilize Rotation にもtrackを追加。

6.Nプロパティにある、Display Stabilization にチェックをいれると手振れ補正した画面に変わる。

7.出力のために、ノードエディターウィンドウに変更する。

コンポジットにし、Use NodeとBack Dropをチェック。右Nプロパティに BackDrop設定があるので、Fitを押すか、Zoomを変更して画面でみやすく配置する。

インプット→Video Clipに変えて、Viewerにも出力。

間に、Stibilizeを検索して追加。クリップを選択する。

ムービーと同じサイズに出力するよう、サイズ調整し、H.264形式 mp4で出力。

 

 

広告

コメントは受け付けていません。