カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

MeshRoomを使って3DPhotoScanを無料で

標準

ソースはこちら

1.撮影

まず対象物を遠近あらゆる角度からグルリと写真を撮ってくる(この切り株では、58枚撮影していた)

2.MeshRoom

OpenSourceのMeshRoomを使うらしい

ダウンロードはGithub経由ではあるけれど、こちらからがいいかと(最新バージョンは変更の可能性あり)
https://github.com/alicevision/meshroom/releases/tag/v2018.1.0

サイトは こちら https://alicevision.github.io/

ダウンロードしたZipファイルを展開する

MeshRoom.exeを実行する

ノードベースになっているので、Blenderとも親和性が高い(知らないままでも使える)

【手順1】左側パネルに撮影した写真をインポート(ドラッグでOK)

【手順2】プロジェクトとして保存しておく

【手順3】上部に出ている「Start」ボタンをクリック プログレスバーでだいたいの進捗がわかるが、モノによっては5分10分それ以上かかる場合もある

3.Blender

【手順1】objファイル(とマテリアルmtlファイル)としてアウトプットされているので、そのファイルをインポートする(MeshRoom CashフォルダのTexturesフォルダの中にある)このサンプルでは、30MBぐらいになっていて、インポートまでかなり待つ

【手順2】インポートできたら、適当に回転してオブジェクトを配置する

【手順3】超ハイポリなので、モディファイアからDecimateモディファイアを選択
数値0.5で試し、ローポリに変化したら、それを適用(Apply)する

【手順4】Smoothモディファイアを選択する Repeat数値は2か3 Factorはオブジェクトを見ながらディテールが失われすぎない程度まで大きくする(このサンプルでは0.9)
また、Shadingは Smoothにしておく

【手順5】Cyclesレンダーに切り替え、ノードエディタを開く

1)Principle BSDF シェーダーを使う

2)イメージ画像とノードをつなぐ

(このあたりからは、自分のサンプルで確認しながらいずれ試す)

※なお、MeshRoomのCashは数メガにも及ぶ場合があるので、Blender取り出しに成功したら削除したほうがよいかも

4.Sketchfab

スケッチファブへのアップロードと設定

 

 

 

広告

Low Poly モデルにペイントする方法学習中

標準

Tim Burton風キャラクタ作りを少し中断。

ローポリモデルにペイントでリアリティを追加する方法がYouTubeに出ていたので、それを練習

Mas Bacoさんという方、他にもローポリペイントの作業をいくつかアップしてくれている。

やってみました。モデルは、Paint3DについていたMan3D図形をFBXでBlenderに出して加工。

UV展開は、Blender勉強会で習ったものを参考に、プロジェクションビューから展開。

BPaintのアドオン利用。

MasBaco-rensyu.png

もっと暗く赤く塗っているみたいですね

↓チュートリアルと同じぐらいローポリヘッドに塗ってみたもの

face-paint2

前と横からの印象が違う

Blender- PBR マテリアル

標準

wolfさん3連弾。素晴らしい、ありがたい。Blenderのバージョンは、2.78以降にしておいたほうがよい。

入手先

http://www.3d-wolf.com/materials.html

インストール方法

旧バージョンを使っていた人は、アドオン削除から。

新規→ユーザ設定アドオン→ダウンロードしたzipファイルを選択してオンにする。

使い方

マテリアル設定で、PBRマテリアルをオンにする。

ノードエディタで3つをつなぐだけ

そのとき、ノードエディタウィンドウ上のプロパティパネル(N)で素材を選ぶこと。

 

XAMPP

標準

MacにXAMPPをいれましょう

http://www.apachefriends.org/jp/xampp-macosx.html

2013/7/20現在 XAMPP for MacOS X 1.8.2

====

セキュリティが心配なら、それぞれにパスワードをもうけておくといい。

ターミナルで、sudo に続けて、以下のラインを入力する

/Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp security

(xamppにパスワードがつく。userは xampp を使うよう、指示がでる)
====
/Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp の機能あれこれ
start
XAMPPを起動する
stop
XAMPPを停止する
restart
XAMPPを停止して起動する
reload
Apache, MySQLと、ProFTPD(起動している場合)の config file をリロードする
startapache
Apacheのみを起動する
startssl
Apache SSL サポートを起動する。このコマンドはSSLサポートを常時アクティブにします。 例)次回XAMPPを再起動したときにもSSLはアクティブな状態です。
startmysql
MySQLデータベースのみ起動されます。
startftp
ProFTPDサーバのみ起動されます。FTP経由で、Webサーバにファイルをアップロードできます(ユーザ「nobody」、パスワード「xampp」)。このコマンドはProFTPDを常時アクティブにします。 例)次回XAMPPを再起動したときにもProFTPDはアクティブな状態です。
stopapache
Apacheを停止します。
stopssl
ApacheのSSLサポートを停止します。このコマンドはSSLサポートを常時停止にします。  例)次回XAMPPを再起動したときにもSSLはオフのままです。
stopmysql
MySQLデータベースを停止します
stopftp
ProFTPDサーバを停止します。このコマンドはProFTPDを常時オフにします。  例) 次回XAMPPを再起動したときにもFTPはオフのままです。
reloadapache
Apache Webサーバのconfigファイルをリロードします。
reloadmysql
MySQLデータベースのconfigファイルをリロードします。
reloadftp
ProFTPDのconfigファイルをリロードします。
例)SSL をアクティブにしてApacheを起動したい場合、以下のコマンド(rootとして)を入力するだけです。

sudo /Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp startssl

これで、SSL経由でhttps://localhostの下のApacheサーバにもアクセスできます。

metaio Toolboxによる立体トラッキングAR

標準

前記事でToolboxのところを飛ばしたので、今度はそちらを解説試み。

元ネタの参考サイトは、こちら http://dev.metaio.com/toolbox/

概観

metaio Toolboxは iOSベースのアプリケーションで、カメラまわりのテクスチャを3D認識する。

iPadやiPhoneなどをもっていたら(iOS5以上)、Appleストアからアプリをインストールできる。

Toolboxを使って、1.Instant Mapping と 2.Precise Mappingという、2つのタイプのマッピングをすることができ、metaio mobile SDKやmetaio Creatorで使うことができる。

1.インスタントマッピング

「インスタントマッピング」は、SLAM(スラム)※を元にしたトラッキング技術である。この機能は、metaio SDKには含まれているので、自分で実装することもできる。

※SLAM(スラム)とは、自己位置推定と環境地図作成を同時に行うことを言う。 正式名称は、Simultaneous Localization and Mapping

2.プリサイスマッピング

この手法では、現実に存在するオブジェクトを精密に計測し、その上にバーチャルなオブジェクトを同じスケールでオーバーラップすることができる。

これには、3枚のIDマーカを模型のまわりに設置し、相互の距離を計測することで実現している。デフォルトでは、80番、81番、82番のマーカ(15cm角)を順にタッチしていくことで出来る。

===

出来上がったマップはiTunesからダウンロード

iPadをiOSのマシンにつないだら、iTunesのappタブをクリックする。Toolboxをクリックすると、作成したマップ一覧が出てくるので、必要なマップをiOSマシンにダウンロードする。
そのとき、 .3dmap 識別子のものは、metaio SDKで使う。いっぱう、  .creator3dmap 識別子のものは、metaio Creatorで使う。

==

アプリ設定のオプション

iPadなどのアプリ設定を開くと、Toolboxアプリに対して、いくつかのオプション選択ができる。

1)Gravity-Aligned Feature Descriptors

デフォルトではオフになっている。垂直線が多いものをトラッキングするときには、オンにするとよい。

2)マップの最大サイズ

点の数が100,1000,5000,10000から選択できる。

3)スケール 大きさ

オブジェクトのだいたいのサイズを設定できる。小はカップサイズから大は建物サイズまで選択できる。