カテゴリー別アーカイブ: Live2D

Live2DとUnityとVRと

標準

ダウンロードしたもの(2018/7/23現在)

Live2D Cubism 3.2 http://www.live2d.com/ja/products/cubism3#dl

Live2D Cubism3 SDK for Unity R8  (上記同じリンクより、Github経由で)

Cubism3 Viewer for Unity Cubism3 Viewer (for Unity)

Live2D Euclid (SDK込み、こちらは90日間お試しバージョン

※試用や開発の段階ではSDK利用に伴う料金は発生いたしません。ただし、お客様がLive2DのSDKを利用し作成したゲームやアプリなどをリリースする際は、Live2D Proprietary Software 使用許諾契約書に含まれる条項に基づき、SDKリリースライセンス契約 (正式名称:出版許諾契約)の締結と出版許諾ライセンス料金のお支払いが必要となります。
ただし、「一般ユーザー」直近売上高が 1,000 万円未満の個人・学生・サークル・その他の団体 を除く。(リリースライセンスページより)

Cubismは基本、一枚絵を立体的に見せるソフトであるが、他に、Euclidというのがあり、比較が下のとおり

(引用元 http://www.live2d.com/ja/products/euclid

CubismとEuclidの比較

仕様

特長 一枚絵を平面上で立体的に動かす 複数の原画を組み合わせて3D空間で表現する
最適な表現範囲 左右40°程度 上下左右すべての角度
書き出したファイルの用途 ムービー、ゲームなど 3Dゲーム、VRコンテンツなど(※)
必要なファイル 画像ファイル(.psd, .png) 画像ファイル(.psd, .png), 3Dモデルファイル (.fbx)
書き出せるファイル Cubism SDK用ファイル、画像ファイル Euclid SDK用ファイルのみ

※Euclid Editorで出力したデータは、Euclid SDKから利用する必要があります。
※Euclid Editorから映像を出力する機能はありません。
※また、 SDKを使った出版には出版許諾契約が必要になる場合があります。

 

Euclid SDK 動作環境

対応バージョン 対応出力プラットフォーム
Live2D Euclid SDK for Unity Unity 5.x (5.4以降) ・Windows7 SP1以上(Oculusを使用する場合はWindows8.1以上)

(対応予定)
・PS4 / PSVR
・Android
・iOS

Live2D Euclid SDK for UE4 開発作業中

Euclid Editor 動作環境

OS: Windows7 SP1 (64ビット版), Windows10 (64ビット版、デスクトップモードのみ)
CPU: Intel® CoreTM i7シリーズを推奨
RAM: 16GB以上を推奨
GPU: OpenGL4.3 以上
Screen: ディスプレイ 1,360 x 768 ピクセル以上、32ビットカラー以上

Euclidは、FBXと組み合わせてUnityで立体にアニメーション表示する総合開発環境っぽいところあり。

無料で使える、ということでひとまずはCubism3を使って、UnityでVR立体視まで持っていくことを考える。

1.マニュアル

http://docs.live2d.com/cubism-editor-manual/top/

Cubism2のものとCubism3のものがあるので、基本、Cubism3を見る。
テンプレートはCubism2のものも使えるそうである。

2.サンプルモデル

Cubism2用のものとCubism3用のものがあるが、上位互換のようであるからCubism3では両方開ける
また、PRO用は保存できないが構造勉強用に見ることができる(らしい)

Cubism2用モデルデータ http://sites.cybernoids.jp/cubism2/samples

Cubism3用モデルデータ http://docs.live2d.com/cubism-editor-manual/sample-model/

 

3.Unityで動かすチュートリアル

公式(Cubism2用)http://sites.cybernoids.jp/cubism2/lets-do-it/my-first-lapp

 

広告