Unity上でリアルタイムにダンスをさせたい!MMD変換でもいい。New

標準

2017/5/3 バージョン

こちらsimplestarさんの記事「UnityでMMDのPMXを表情モーフ付きでダンスするFBXとしてアセット利用する話」(2016-11-27)を参考に

1. Stereoarts Homepage さんのページでMMD4Mecanim (Beta) の最新版を入手

 

現在バージョン→2017/04/23 Unity 5.6 / 2017.1 への対応, その他不具合修正

MMD4Mecanim_Beta_20170423.zip

チュートリアル(基本編・応用編)がついているのでそれを参照する

解凍フォルダ中に、 MMD4Mecanim.unitypackage というUnity用パッケージがあるので、それをUnityプロジェクトにインポートする。

利用制限→WebPlayerでの利用不可。

 

2.MMDモデルの準備

 

Tda式アペンドミクさんが好きなので →作者様ブログ http://u16hp.blog134.fc2.com/

→配布場所(読んでね.txtを読むこと) https://bowlroll.net/file/4576

モデルフォルダの中身を、assetsフォルダに置く。(上の、MMD4Mecanimフォルダと同じ場所)

自動的に、(モデル名).MMD4Mecanimファイルが出来上がっている

それをクリックし、規約に同意する。

 

3.モーションを準備

上記MMD4Mecanimフォルダにも歩きVMDは用意されている。

かっこいいダンスないかなーと、男性舞踊 花鳥風月http://sdrv.ms/14OJMjb
(o2さん作 動画http://www.nicovideo.jp/watch/sm8397088)

こちらをダウンロード。

VMDファイルをMMD4Mevanimパネルの指定場所にドラッグ

 

4.変換作業

MMD4Mecanim設定パネルのprocessボタンをクリックし、しばらく待つと、プレファブ形式のミクさんが出来ている。

シーンにドラッグして、設定を初期化する。

rigは、generateのままでないとVMDの再現性が低い。(humanoidリグだと不足設定などが出てくる)

5.Animator Controllerの作成

新規Animator Controllerを作成し、それをミクさんにアタッチして開く。

Animatorウィンドウが開くので、先ほど変換したMikuさんモデル内のモーションデータ(.vmd)をドラッグ。

このコントローラをインスペクタ上で指定する

 

6.オーディオソースの貼り付け

 

オーディオクリップは、wav形式が無難AVIUtlなどのソフトで変換可能。

(音声あり。注意。NHKクリエイティブライブラリーより 初音ミクの音楽 (C)DropBox「流星DANCE」)
そのほかは、Youtubeの解説に書いてあります。

 

7.オリジナルアニメ→ビデオトレス

 

やってみると難しいトレス。いろいろ調べた結果。。。。

(1)Torsoは回転させず、位置あわせに使う。

(2)300フレーム程度(2x8カウントぐらい)をひとまとまりとして作っていく。

(3)根性。。。

がコツのようです。。。

「http://www.nicovideo.jp/watch/sm17450893 モーショントレスのコツ(百舌谷 さん)

■トレースの工程
1. 動画の準備#0:41
2. カメラと初期ポーズを動画に合わせる#1:13
3. センター仮打ち#1:50
4. 足IK#2:30 (①完全に設置②かかとが離れる③一番高い場所④つま先設置⑤かかと設置)
5. 上半身、下半身、頭、首、センター#4:22
6. 足、足首#7:05
7. 肩、腕、ひじ、手首、指#7:57
8. 3~7を繰り返す
9. 目や表情をつけて完成

※追記:仮センターは頭の先端のみを見て判断し打ちます。」

Blenderの場合は、ビデオシーケンスエディターに音楽を置いて作業できるので便利(読み込みは、.wav形式のみかも。AVIUtlで変換可能)

8.お借りしたものたちでリアルタイムモーション(たーのしー♪)

モデルは tda式アペンドミクさん
スクリプトは、StereoartsさんのMMD4Mecanim
モーションは、百舌谷さんの 4つをBlenderのアニメーションコントローラで接続
音楽は、NHKクリエイティブライブラリ 初音ミクの音楽 (C)DropBox「流星DANCE」

作業画面イメージ

画面キャプチャ(Fraps)によるリアルタイムプレイ画面

Blender- PBR マテリアル

標準

wolfさん3連弾。素晴らしい、ありがたい。Blenderのバージョンは、2.78以降にしておいたほうがよい。

入手先

http://www.3d-wolf.com/materials.html

インストール方法

旧バージョンを使っていた人は、アドオン削除から。

新規→ユーザ設定アドオン→ダウンロードしたzipファイルを選択してオンにする。

使い方

マテリアル設定で、PBRマテリアルをオンにする。

ノードエディタで3つをつなぐだけ

そのとき、ノードエディタウィンドウ上のプロパティパネル(N)で素材を選ぶこと。