カテゴリー別アーカイブ: Blender

Auto-Rig Pro(¥)Blenderアドオン

標準

有料でも追加したほうがよさげなBlenderアドオン

1.RetopoFlow – Retopology Tools for Blender By CG Cookie $71.25

2.Auto-Rig Pro By Artell $15-$36

3.BPainter v1.0 By ndee $37.95

このうち、Auto-Rigの使い方解説

ドキュメントはこちら http://www.lucky3d.fr/auto-rig-pro/doc/ (English)

■1.BlenderMarket https://blendermarket.com/products/auto-rig-pro

で購入する。

■2.ダウンロード解凍すると、1)addonsフォルダ、2)remap_presets フォルダ、3)auto_rig_3.14a.blend (真ん中の数字はバージョン)

■3.Blenderユーザー環境設定で(File→User Preferences)

①→Fileタブ で、□Auto Run Python Scripts のチェックが入っていることを確認

②→Addonsタブ で、上記解凍フォルダ中の、addonsフォルダの中の、auto_rig_pro-master.zipを選んでインストール(チェックオン)。

③同じく→Addonsタブで、上記addonsフォルダの中の、proxy_picker.py を選んでインストール(チェックオン)。

※上記addonsフォルダには、もうひとつ、rig_tools.zip というのがあるが、こちらとauto_rig_pro-master.zipの両方一緒にインストールしないよう注意。

Save User Settingsを一度クリックしてから、ユーザー環境設定を終了。

■4.参照Blenderファイルのオブジェクトから、アーマチュアをすべて選んでappendする。

→File→Append→ auto_rig_3.14a.blend からobjectを選んで開く。

→Aキーですべてのファイルを選ぶが、左側に出ているオプションメニューのうち、Active Layerのチェックだけはずす(オフにする)

→Append

■5.リグをつけたい人型オブジェクトを設定

Nで出てくるプロパティの下方に、Auto-Rig用のボタンがいくつか出来ている。人型オブジェクトを選び、Front Orthoで表示。足の間が地面につき、かつそこが物体中心になるよう、設定する。その後、Object→Apply→Location。Object→Apply→Rotation&Scale。しておく。

① Get Selected Body ボタンクリック

② 次々とマーカーが出てくるので、位置あわせする。(首(の付け根)→肩→手首→腰→足首)

③ Go!ボタン

④ ボーン配置でずれているところがあれば、Editモードで修正

⑤ Match to Rigボタンクリック

 

 

 

 

 

広告

Motion トレスのための手振れ補正(スタビライザ)Blenderで

標準

参考ビデオチュートリアル

 

1.モーションクリップエディタにする

2.Tツールシェルフ Trackタブ Clip→Prefetchを押す

Tracking Settings のMotion を LocRotに変更。MatchはPrevious frame にする。

Normalizeにもチェック。

3.Nプロパティ  2D Stabilization にチェック。

Marker Display のSearchをオン

4.クリップの一番最後(あるいは一番前)にタイムラインを設定し、MarkerをAdd(追加)する。

5.Tツールシェルフ一番下、Trackの前に(あるいは後ろに)ボタンをクリック。
Nプロパティ 2D Stabilizationに、画面のマーカーを選んで追加する(trackが追加される)

AutoScaleにもチェック。Stabilize Rotation にもtrackを追加。

6.Nプロパティにある、Display Stabilization にチェックをいれると手振れ補正した画面に変わる。

7.出力のために、ノードエディターウィンドウに変更する。

コンポジットにし、Use NodeとBack Dropをチェック。右Nプロパティに BackDrop設定があるので、Fitを押すか、Zoomを変更して画面でみやすく配置する。

インプット→Video Clipに変えて、Viewerにも出力。

間に、Stibilizeを検索して追加。クリップを選択する。

ムービーと同じサイズに出力するよう、サイズ調整し、H.264形式 mp4で出力。