カテゴリー別アーカイブ: Blender

Vroid Studio→Blender→Marverous Designer

標準

Vroid Studio

モデル作成→保存(.vrm形式データ)

Blender VRM Importer by iCyP様 感謝します!

https://github.com/iCyP/VRM_IMPORTER

ダウンロードしたら、zipのまま(展開せずに)BlenderのUser Experiences→Add onsでファイルからアドオンを指定する

テスティングのところに出てくるので、有効にする

VRMImporter

 

 

 

広告

MeshRoomを使って3DPhotoScanを無料で

標準

ソースはこちら

1.撮影

まず対象物を遠近あらゆる角度からグルリと写真を撮ってくる(この切り株では、58枚撮影していた)

2.MeshRoom

OpenSourceのMeshRoomを使うらしい

ダウンロードはGithub経由ではあるけれど、こちらからがいいかと(最新バージョンは変更の可能性あり)
https://github.com/alicevision/meshroom/releases/tag/v2018.1.0

サイトは こちら https://alicevision.github.io/

ダウンロードしたZipファイルを展開する

MeshRoom.exeを実行する

ノードベースになっているので、Blenderとも親和性が高い(知らないままでも使える)

【手順1】左側パネルに撮影した写真をインポート(ドラッグでOK)

【手順2】プロジェクトとして保存しておく

【手順3】上部に出ている「Start」ボタンをクリック プログレスバーでだいたいの進捗がわかるが、モノによっては5分10分それ以上かかる場合もある

3.Blender

【手順1】objファイル(とマテリアルmtlファイル)としてアウトプットされているので、そのファイルをインポートする(MeshRoom CashフォルダのTexturesフォルダの中にある)このサンプルでは、30MBぐらいになっていて、インポートまでかなり待つ

【手順2】インポートできたら、適当に回転してオブジェクトを配置する

【手順3】超ハイポリなので、モディファイアからDecimateモディファイアを選択
数値0.5で試し、ローポリに変化したら、それを適用(Apply)する

【手順4】Smoothモディファイアを選択する Repeat数値は2か3 Factorはオブジェクトを見ながらディテールが失われすぎない程度まで大きくする(このサンプルでは0.9)
また、Shadingは Smoothにしておく

【手順5】Cyclesレンダーに切り替え、ノードエディタを開く

1)Principle BSDF シェーダーを使う

2)イメージ画像とノードをつなぐ

(このあたりからは、自分のサンプルで確認しながらいずれ試す)

※なお、MeshRoomのCashは数メガにも及ぶ場合があるので、Blender取り出しに成功したら削除したほうがよいかも

4.Sketchfab

スケッチファブへのアップロードと設定

 

 

 

Tim Burton風キャラクター作成05

標準

【腕】

1)肘の部分からEで手首手のひらあたりまで伸ばしていく

2)親指にあたる面を2枚横に引き出す

3)親指の曲がる部分は線幅狭く、爪はこのキャラクターでは作りこまない

4)親指全体を少しひねって、向きを変え、

5)手のひらの部分を膨らますため、親指を縦方向に一本ループカットをいれる

6)親指以外の指は3本にして、1本作って、コピーで増やす

7)手の甲側で、指の付け根とその隣の2面をEで拡張、縮小して、こぶしの部分を作る

8)だいたいの形が出来たら、親指全体を下に移動して完成とする

tim05

Tim Burton風キャラクター作成04

標準

歯並びを確認するためにつけたシェイプキーは、ミラーモディファイアがついている間は適用できないので、シェイプキーを一度削除する。

【ボディ】

1)首の下の面を全部選んで下方にEで拡張。一番したの面は中央にするため、さらに下に伸ばしておく。

2)いくつか横にループカットし、ざっとボディの形を作る

3)男性のボディを女性のボディにも転用することを考えて、胸の4面を削除し、8×6の球を追加し、周辺とマージ(Alt-M)してつなげる。

4)男性用ボディにする場合は、胸のふくらみをスムーズなどでなだらかに仕上げる。

5)胸の脇から肩にかけての側面6面を選択し、やや右に拡張。

6)鎖骨ラインを作るために、肩からループカットを一本。

【足】

7)下部8面を選択し、脇に少し拡張。それから下に向けて拡張

8)膝の付近は近接二本でループカット

9)脚下部正面3面を前方に拡張。つま先部でもう一度拡張。

10)底は平らにして(S-Z-0)下に少し拡張

11)甲の部分2本ループカット。横にも一本ループカットし、形を整える

12)足首にもループカット。

13)上体を一時隠し(H)、足の形を整え、やや外側に開く。

 

Tim Burton風キャラクター作成03

標準

【口の中】

1)ミラーモディファイアを一時的に無効にする

2)口の中に押し込んだメッシュの淵のラインを選択し、Eで奥へ3回押し込み、メッシュを4面ポリゴンでふさぐ

3)口内が角ばっているので、辺の2つを選択して、w→スムーズで解決

4)奥中央の2面を選んで、舌として4つ引っ張り出す。カーブを意識。間の面はあとで削除する。

5)中央のクリッピングを戻し、くっつける(S-X-0でも可)

6)のどの穴を作りたい場合は、舌の上の面を利用して作る。

7)口の中の形を確認し、丸くなるよう調整。

【歯】(7:21)

8)別レイヤーで、Cubeをw→サブディバイド、オプション3

9)左半分を消してミラーモディファイア

10)歯の形にもっていく。上部面は不要なので削除。

11)側面上部に残った面をX方向に少し大きくする。

ha01

12)プロポーショナル変形の影響範囲を大きくしながら歯の形を作成。下図で選択している辺2本は、正面から見たときに、まっすぐになっている必要があるので、S-X-0(ゼロ)でそろえる。

ha02

13)サブディビジョンサーフェスモディファイアとスムーズシェーディングで形の確認。

14)コピーののち、上方にアップして、歯茎にする

15)横エッジは多い必要がないので、2本削除。

16)横の面も不要なので削除。

17)歯をカバーできるよう、Y方向に拡大。

18)X方向にも拡大するが、歯と同じ幅にそろえる。

ha03

19)歯茎、中央は少し太くする。

20)ミラーモディファイアを適用して、この歯のパーツを中央の右に配置する。

21)アレイモディファイアで片側6個並べる。このとき、マージオプションをオン。

22)Z方向にミラーし、上下の歯を一度に作成。

23)オブジェクトモードにして、ミラーとアレイモディファイアを適用。

24)カーブを作成し、歯のカーブが出るよう、編集する。

25)カーブが歯に隠れて見えなくなるときは、オブジェクトのディスプレイオプションで、X-rayをオンにする

26)歯の並びに、カーブモディファイアを適用。

27)歯とカーブの両方を選び、顔の大きさの中で縮小移動して口の中に合わせる

28)大きさが決まったら、カーブモディファイアを適用し、カーブの削除。

29)顔の部品と一オブジェクトにする(Ctrl-J)

30)下の歯は、上よりほんの少し小さくする。

31)口を開けるシェイプキーを作成し、歯並びを確認。

eee